1. ホーム
  2. 製品情報 / タハラ成形機の特長

タハラ成形機の特長

高品質・安定成形・高生産性

タハラの電動成形機は、高品質で安定した成形品の生産のために『型締パーティングラインズレ防止機構』や『打込高さ調整機構』など、数多くの技術を開発して特許を取得しています。この他にも、機械を停止させずに成形条件の設定変更を可能にするなど、操作性による稼働率の向上が高生産性にも寄与しています。これらの技術を基に、更なる成形サイクルの短縮化技術、機械動作の高速化、口元不良率の低減、稼働率の向上を追求して、高速安定成形のための技術開発にチャレンジしています。

クリーンな作業環境

タハラの成形機は、電動サーボモータ駆動により、他社成形機と比べて格段にクリーンで低騒音の作業環境を実現します。

高い環境対応性

電動成形機の最大のメリットは、消費電力の大幅な削減にあります。必要な時にしかモータが駆動しないことによる消費電力量の削減に加え、サイクルアップと不良率の低減により、製品1本当たりの電気代は油圧成形機の40%以上削減できます。また、多層成形機では粉砕材をリプロ層に使用することにより、使用原料を大幅に削減することも可能です。

油圧機と電動機の比較 成形製品:500ml PE容器(40g)の場合

項目単位油圧機
型式:TPF-555H
(シングルステーション)
電動機
型式:MSE-55E/54M
(シングルステーション)
電動機
型式:MBD-70E/54M
(ダブルステーション)
成形サイクル201718
1時間当たりの生産量BPH360423800
機械の総消費電力量kwh18.510.1316.3
ボトル1本当たりの
消費電力量
kwh0.05140.02390.0204
電気料金比率%10046.639.65