1. ホーム
  2. 会社情報 / 沿革

沿革

事業沿革

1951年田原秀雄が東京都江東区にて鉄工所を創業
1961年有限会社田原鉄工所を設立
1967年東京都江戸川区(現住所)に移転
1969年兼松株式会社の全額出資により、田原機工株式会社に改組。
資本金2,000万にて発足
1971年大阪支店を開設
1972年名古屋支店を開設
1974年昭栄産業株式会社を吸収合併、田原昭栄機工株式会社に社名変更
1984年隣接地を取得、組立工場を増築・竣工
1988年資本金を5,000万円に増資
1989年株式会社タハラに社名変更
1995年Battenfeld-Fischer(ドイツ)と包括的業務提携を締結
2000年株主が日立造船株式会社に変更
2002年第二組立工場を増築・竣工
2006年株主が株式会社日本製鋼所に変更
2010年Graham Packaging Company L.P.(アメリカ)と業務提携を締結

製品沿革

1961年油圧式ブロー成形機を開発・上市
TBMA(パリソンリフト式)シリーズの製造販売開始
(以下、シリーズの製造販売開始年)
1967年TBA(アキュームレーター式)シリーズ
1968年KN(内袋式)、TM(TMW)シリーズ
1969年TA、TKシリーズ/自動トリミング1号機
1970年TP(後打ち式)、TKV、TSE、TV、TGシリーズ/自動トリミング2号機
1972年Hシリーズ
1979年TPF、TKVFシリーズ(TP、TKVの後継機)/TYC-28パリソンコントローラー
1981年BU(BUW)(チャッキングタイバー式)シリーズ
1984年BH(BHW)シリーズ(BUシリーズの小型製品用成形機)
1987年TL(TLW)(タイバーレス)シリーズ、
TZ(TZW)シリーズ(BHシリーズのコストダウン用成形機)、
TS(ホットパリソン式ストレッチブロー成形機)シリーズ/
インモールドラベラー1号機
1988年KTR(ロータリー成形機)シリーズ
1994年電動式ブロー成形機を開発・上市
MSE、MBシリーズ
1997年電動式ストレッチブロー成形機を開発・上市
CSB(コールドパリソン式ストレッチブロー成形機)シリーズ
2002年電動式多層ブロー成形機を開発・上市
2005年タンデム型電動式ブロー成形機を開発・上市
MQDシリーズ
2011年電動式多層ブロー成形機の累計生産台数が100台を突破
2013年電動式ブロー成形機の累計生産台数が800台を突破